NISAの口座開設には住民票がどうして必要なの?【NISA(ニーサ)とは?少額投資非課税制度 証券口座比較】

NISAの口座開設には住民票がどうして必要なの?

お金を少しでも増やすために株や投資信託などの投資をする人が多いですが、2014年から投資をするにおいて一定の条件で税金がかからないというNISAの制度が始まります。


そのためこれまで以上に投資をしてお金を増やすことができるということから投資をするために口座開設をする人が増えています。


そして投資をするにおいてNISAに適用を受けるためにはNISAの口座を作って株や投資信託などの投資をする必要があります。

またNISAの口座開設には本人確認のためにその人の住民票が必要であるのかというと基本的にNISAの口座開設に当たってその人の住民票は必要になり、その住民票は原本が必要となりコピーでは不可です。


そして住民票は2013年1月1日の時点での住所を証明するものでかつ2013年4月1日以降に発行されたもので口座開設の申し込みをした日から6ヶ月以内のものが必要になります。

また2013年1月1日からNISAの口座開設の申し込みをするまでの間に転居した場合は住民票の記載されている前住所の利益や除票などでそのつながりを証明することになります。

そのため場合によってNISAの口座開設に必要な書類が増えてしまうことになります。


それからNISAの口座開設の申し込みの時に提出された住民票は返却してもらうことはできません。



前の記事